2010年05月13日

「裁判員裁判から除外を」、組幹部の請求を棄却(読売新聞)

 高知県いの町の工事現場事務所を手投げ弾で爆破したとして爆発物取締罰則違反で起訴された高知市の暴力団幹部(63)の弁護人が「裁判員の心理的負担が大きい」として、裁判員裁判の対象事件から除外するよう求めていた請求を、高松高裁が棄却していたことがわかった。

 棄却は4月28日付。高知地裁で同月23日に却下され、弁護側が同高裁に即時抗告していた。最高裁への特別抗告は行っておらず、裁判員裁判になる見通し。

<掘り出しニュース>山梨県民、なぜアサリ好き? 1世帯当たり消費量は全国平均の倍(毎日新聞)
14歳少女の心移植成功=渡米の寺町沙也さん(時事通信)
【アートカレンダー】「ルーシー・リー展」東京・六本木 国立新美術館(産経新聞)
子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施−民主の参院選公約案(時事通信)
鳩山首相「批判は私が受ける」(時事通信)
posted by トバ トシアキ at 07:54| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

大田・観音通り共栄会 高齢化進む商店街 寄席で活性化狙う(産経新聞)

 商店主の高齢化が進み、閉店する店が相次いでいた東京都大田区の小さな商店街で5月15日、落語家の六代目・春風亭柳朝師匠の寄席が開かれることになった。盛り上がりに欠ける商店街を何とか活性化させたい。そんな商店主たちの呼びかけに柳朝師匠が応じたもので、商店主たちは「これをきっかけに若者もひきつける商店街に変わりたい」と張り切っている。

                   ◇

 この商店街は、JR大森駅と東急池上線・池上駅のほぼ中間地点に位置する「観音通り共栄会」。周囲は住宅街で、どちらの駅からも徒歩で約20分かかり、買い物客は近所の人に限られているため、盛り上がりはいまひとつ。

 2、3代目となる店主も高齢化して60代が目立つ。閉店する店も相次いだ。なんとか“衰退”を阻止しようと、平成21年6月から中小企業診断士のアドバイスを受け、商店主たちが活性化策を練ってきた。

 21年12月、地元に住む柳朝師匠に寄席開催の協力を依頼。柳朝師匠は「地元のためになるなら」と快諾してくれたという。

 観音通り共栄会の酒井和夫会長(60)は「これまで集客策を積極的にしかけてこなかったが、寄席をきっかけに各商店が自慢の逸品を売り出す『一店逸品運動』も企画。活性化のため、商店街一丸となり頑張りたい」と話している。

 寄席は大田区中央の新井宿六丁目町会会館で。演目は未定。料金は前売り1000円、当日1200円。

認定こども園、532施設=京都など3府県がゼロ−文科・厚労両省(時事通信)
生徒の「セクハラ認知」進む 神奈川県立学校(産経新聞)
病院で息子が母親と無理心中図る? 親子が死傷 福生(産経新聞)
<地震>発生時の業務継続体制に不安 市区町村は整備約5%(毎日新聞)
東京・上野の「細川家の至宝」展 信長文書3通が初公開(産経新聞)
posted by トバ トシアキ at 17:08| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

仙谷戦略相に苦言=増税争点の解散発言で−大塚内閣府副大臣(時事通信)

 大塚耕平内閣府副大臣(金融など担当)は18日、テレビ朝日の番組で、仙谷由人国家戦略担当相が消費税率引き上げを争点に任期途中での衆院解散も選択肢になり得るとの見方を示したことに関し、「総選挙の時期について触れることは、少し控えた方がいい。(衆院解散は)首相の専管事項だし、もう少し慎重に発言した方がいい」と苦言を呈した。
 消費税率引き上げについては、今夏の参院選のマニフェスト(政権公約)には「書くべきではない」と強調。現時点で議論はしても4年間の衆院任期中は上げず、次期衆院選で有権者に問うべきだとの考えを改めて示した。ただ、政府が6月に策定する中期財政フレームでは「(消費税の考え方について)触れるべきだ」と語った。 

首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明(産経新聞)
<党首討論>鳩山首相、普天間移設で混迷ぶり露呈(毎日新聞)
外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)
常磐線 特急と軽ワゴン車衝突、自営業者重傷 茨城・日立(毎日新聞)
<大崎市長選>現職の伊藤氏が再選 宮城(毎日新聞)
posted by トバ トシアキ at 08:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。