2010年04月06日

阪大入学式 6500人が新たなスタート(産経新聞)

 大阪大(大阪府吹田市)の入学式が5日、大阪市の大阪城ホールで開かれ、新大学院生も含め計約6500人が新たなスタートを切った。

 入学者数が過去最大規模となったことに加え、同席を希望する保護者も多く、手狭なキャンパスから離れて18年ぶりに同ホールでの開催となった。

 3000人近く集まった保護者が見守る中、鷲田清一総長は教養の重要性などを強調。「眼からうろこが落ちるような経験をたっぷりして」と激励した。

【関連記事】
世間の風潮と小学校教育
国旗・国歌 新政権も「尊重」は当然だ
眞子さまがICU入学式ご出席
教科書を父親が事前に目を通しておく
「教養と責任あるプロに」…阪大が初、大阪城ホールで卒業式
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

「私が立て直すという気持ちで」トヨタなど入社式(読売新聞)
最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)
「与謝野新党」来週にも 邦夫・平沼氏、合流へ(産経新聞)
<宅八郎氏>不起訴処分に…神戸区検(毎日新聞)
武田薬品がアルツハイマー型認知症治療薬市場に参入へ(医療介護CBニュース)
posted by トバ トシアキ at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。