2010年02月27日

<母殺害>一転起訴 懲役10年判決 東京地裁(毎日新聞)

 母と兄を殺傷したとして殺人罪などに問われた無職、根本和彦被告(42)に対し、東京地裁(田村政喜裁判長)は26日、求刑通り懲役10年の判決を言い渡した。逮捕後、事件当時は心神喪失だったとして不起訴処分となったが、心神喪失者医療観察法に基づく地裁の審判の精神鑑定で責任能力が認められ一転、起訴されていた。

 判決によると、根本被告は07年12月24日、東京都北区の自宅で母キヨさん(当時71歳)の胸を包丁で刺して殺害。兄にも切り付け、軽傷を負わせた。

 東京地検は捜査段階で2回の精神鑑定を行い、責任能力がないとして不起訴とした。地裁は入院治療の要否などを判断するため審判を開いたが、その過程で行った鑑定で「責任能力に問題はない」との結果が出た。【伊藤直孝】

首相、廃止の民主政調「復活させず」(産経新聞)
「押尾被告は事実話して」麻薬譲渡被告の初公判(読売新聞)
民主・石井氏「鳥取、島根は日本のチベット」(読売新聞)
<国公立大2次試験>看護、教員…資格取得の学部が人気(毎日新聞)
<小沢幹事長>「敗因は政治とカネ」認める 長崎県知事選(毎日新聞)
posted by トバ トシアキ at 06:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。