2010年06月16日

菅政権 「荒井戦略相」の対応に追われる(毎日新聞)

 菅政権は9日午前、新内閣発足早々に荒井聡国家戦略相の事務所費問題が発覚したことから、対応に追われた。「政治とカネ」の問題で退陣に追い込まれた鳩山前政権からのイメージチェンジを掲げ、クリーンさや透明性を前面に打ち出した直後だけに、対応を誤れば新政権にとって痛手となる可能性がある。

【写真特集】管内閣の顔ぶれ▽国家戦略・消費者担当相 荒井聡

 首相官邸では同日午前10時から臨時閣議が開かれたが、荒井氏は記者団がいる首相官邸の表玄関には姿を現さず、別の入り口から入った。荒井氏は臨時閣議終了後も首相官邸に残っており、対応を協議しているとみられる。

 荒井氏に代わり民主党の細野豪志幹事長代理が急きょ記者団の取材に応じ、一部報道は「事実と異なる」と問題はないとの見解を示した。細野氏は「荒井氏本人は閣僚で忙しい。党としてチェックする責任があるので説明した」と語ったが、透明性を強調している菅政権だけに、荒井氏本人が説明しないことに批判が出るのは必至とみられる。

 党幹部は「党の方で引き取っているが、(事務所の)実体はあったと聞いている。大きな問題にはならないと思う」と語った。

【関連ニュース】
<関連記事>菅内閣:発足 国家戦略相に荒井氏就任、札幌の後援会エール
<関連記事>菅内閣:消費者担当は荒井氏、少子化担当は玄葉氏が兼務
<関連記事>荒井戦略相:知人宅を「主たる事務所」に 活動実態なく

参院選ネットで公開討論会 大阪JC、9予定者が動画も(産経新聞)
代表質問 谷垣総裁「バラマキ政策撤回を」(毎日新聞)
岩手・宮城内陸地震 追悼式で復興誓う(毎日新聞)
<菅首相>早期衆院解散を否定 参院代表質問(毎日新聞)
<荒井戦略相>知人宅を「主たる事務所」に 活動実態なく(毎日新聞)
posted by トバ トシアキ at 17:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

阿久根市長の専決に対抗「通年議会」提案へ(読売新聞)

 議会に諮らないまま職員、市議らのボーナスを半減する専決処分をした鹿児島県阿久根市の竹原信一市長への対抗措置として、反市長派の市議(16人中12人)は31日、市議会を常時開会中とする「通年議会」の制定条例案を6月定例会に議員提案することを決めた。

 だが、定例会の招集権は市長にあり、この条例案を審議する定例会が開かれるかどうかは不透明だ。

 通年議会は会期を1年にして、議長が必要に応じて本会議、委員会を開けるようにする仕組みで、熊本県御船町議会などで実施されている。

 地方自治法では、定例会の回数を条例で決めるように規定し、同市は4回と定めている。定例会を招集しなくても罰則規定はない。

「小沢さんと一緒に辞めるのが最高の殊勲だ」(読売新聞)
<民主代表選>樽床氏「社会保障を抜本改革」(毎日新聞)
大学校名に「日本」 エジプトで開校式(産経新聞)
東宮職が週刊新潮に抗議、愛子さまめぐる記事で(読売新聞)
複数区の複数候補擁立の見直しも 民主党選対委員長に内定の安住氏(産経新聞)
posted by トバ トシアキ at 20:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。